ArchiWEB Explorer: Japan

Results 1 - 10 of 891

Results

℃ (Do-C) Ebisu by Schemata Architects | Spa facilities

"℃ (Do-C)" is a new business launched by nine hours, a company running a capsule hotel chain "9h (nine hours)" in the Tokyo metropolitan area. While the 9h hotels offer a new image of a contemporary capsule hotel by completely redesigning and building new capsules from scratch, the company decided to take a different approach in designing ℃ and asked us to renovate an existing capsule hotel. Our design aims to eradicate the image of the old capsule hotel by changing the interior and surroundings, while keeping the existing capsules as they are. The color of the existing capsules –– an old-fashioned beige reminiscent of the retro design period –– was rather difficult to handle, but we intentionally used it as a base color for the interior to eradicate the impression of the existing capsules. In Japan, people often stereotypically associate capsule hotels with saunas due to the conventional style of capsule hotels in the past. The existing building was actually not equipped with… continue

Mark Your Calendars: Arakawa + Gins

On March 30, Columbia GSAPP is hosting a conference and opening an exhibition, both pertaining to Arakawa and Madeline Gins. Details are below.


[Critical Holder Chart 2 (detail), c1991 / Image Credit: © 2017 Estate of Madeline Gins.]

Encounters with Arakawa and Madeline Gins
Conference in Wood Auditorium, Avery Hall, at 1pm:
A half-day conference on the occasion of the opening of the Arthur Ross Architecture Gallery exhibition Arakawa and Madeline Gins: Eternal Gradient. The event convenes architects, artists, historians and writers to offer fresh interpretations of Arakawa and Gins’ work and theories in the context of contemporary practices and scholarship.

Among the conference participants are:
Amale Andraos, Dean of Columbia GSAPP and co-founder of WORKac;
Adrienne Hart, Artistic Director/Choreographer of Neon Dance (London), who is developing a new dance piece that draws on the life and work of Arakawa and Gins;
Momoyo Homma (Tokyo), Director of Co-ordinologist Inc.;
Lucy Ives (New York), an author who is currently editing a collection of writings by Gins;
Andrés Jaque (Madrid/New York), founder of Office for Political Innovation;

Creature Comforts: 12 More Animal-Shaped Buildings

[ By Steve in Architecture & Cities & Urbanism. ]

See the creature, be the creature… live in the creature? These animal-shaped buildings take the concept of surreal estate to a newer, wetter-nosed level.

Whose necks? Youse necks! The Giraffe Childcare Center in southwestern Paris’ Boulogne-Billancourt district certainly stands out amongst the French capital’s classic architecture.

Then again, the design by Paris-based Hondelatte Laporte Architects would probably stand out just about anywhere.

Tomohiro Hata

Tomohiro Hata
House in Tarumi . Hyogo Tomohiro Hata Architect and Associates . photos: © Toshiyuki Yano Detached house in Hyogo, Japan. _ 敷地は神戸の傾斜地に位置する典型的なひな壇造成地。削られてしまった斜面を今一度回復する、 地形を復元するような空間構成とし、採光や通風といった自然環境を無理なく享受し、周囲にも受けながす建築であること、 また元々の斜面を復元するような建築の表皮がそのまま内部と連続する豊かな外部空間として機能し、 内外を行き来しながら、文字通り斜面に住むことができる建築を目指した。 そのような空間構成を得るにあたり問題となったのは、階を跨いで如何に自由に空間を積層できるか、上下階のずれを如何に調停可能かという単純な問であった。 上下階で構造がずれる計画をうまく調停するものとして、アーチの積層による壁を考案し、ピラミッド状に力を上から下に受けながすこととした。 手前から奥に向けて変化する空間構成に応じて変容する、まるでロマネスクのファサードのような壁をつないでゆくことにより、 力学に逆らわず、しかしながら自由な空間のスタッキングを可能とする建築に結実したのではないかと考えている。

Suzuki

Suzuki
gré | Square house . Shizuoka suzuki architects . photos: © Kenta Hasegawa . + architecturephoto House and shop in Shizuoka, Japan. _ 静岡市の市街地からは離れた日本平の裾野にある、一階が衣類雑貨を扱う店舗、二階が住居の建物である。平面上はコンパクトでありながらも、3方向に開口を設けることで広さを感じることのできる空間となっている。開口と壁のバランスによって、周辺環境からプライバシーをうまく確保できるようにしている。細かいピッチで入っている小さい材の木梁が天井面に現しになっており、木の柔らかさと温かみを空間に与え、時の移ろいを楽しませてくれる。

Brutalist Style Lightens Up with Lots of Glass at Japan’s Oriel Window House

[ By SA Rogers in Architecture & Houses & Residential. ]

Brutalist buildings are known for their heft, often described as ‘monstrosities,’ demonized for their apparently intrinsic inability to relate to us on a human scale. They’re blocky and oversized, nearly always made of concrete, and almost mythical in their iconic simplicity whether you love them or hate them. The Oriel Window House in Yokohama, Japan might be described in those terms if not for a simple deviation from the norm: layers of glass that look lighter than air interspersed between the heavy concrete floors.

From outside, what you see is what appears to be a solid concrete core punctuated by three belts of glass: a narrow one on top, a wider one in the middle, and another narrow one at the bottom. This glass wraps around the sides of the building, creating transparent enclosed verandas that completely change the character of the building, inside and out.

Jun Igarashi

Jun Igarashi
Four Rectangles . Fukushima Jun Igarashi Architects . photos: © Shigeta Satoshi . + architecturephoto Four Rectangles house in Fukushima, Japan. _ 僕は風除室をキッカケに、中間領域(縁側やサンルームなど)についての思考と実践を続けてきた。寒冷地で生まれ育ち、そこに身を置きながら設計を続けているため、中間領域に重きを置いて考えることになった。設計を始めた当初は「守るための中間領域」という意識をもっていた。内部空間から外部空間に向かう人間の意識の「あいだ」にある空間である。これは、北欧の自然の厳しさを背景につくられたアルヴァ・アアルトの建築のプロセスに似ている。人は内部空間に身を置き、そこから外部を感じとって接するのである。風除室は、冬季に冷たい外気の室内流入を防ぐ「守る中間領域」の建築として寒冷地でつくられた。従来の風除室は、とても狭くチープで、建物に取りつくように配置されている。室内環境を改善する重要な役割を果たしているのに、その姿や空間はとても寂しい。そんな風除室を、もっと楽しい存在として扱いたいと考えた。私の自邸では、玄関先に申し訳程度に設置される風除室を、子供部屋ほどの大きさにした。すると、そこに居場所が生まれ、外部とほどよい距離感がつくられた。「守るための中間領域」を設計した空間であるが、夏には室内がそこに溢れだした。それは内部から外部へ向かう意識の「あいだ」の空間であり、外部から内部へ向かう「あいだ」ではなかった。今、「守るためだけではない中間領域」の可能性を考えている。それは、内部と外部の双方向からの「あいだ」のあり方を考えることで、冬の厳しさだけではなく、すべての状態を享受できる中間領域を目指すことだ。今回は、敷地の中央に建物を配置した。これは地方の街の広い宅地区画に、コストも含めた限られた与条件の中、フットプリントの小さな建築を配置する時のひとつの選択肢である。方位と近隣の状態により多少のヒエラルキーは発生するものの、建物の4方に等しく「空き地」が生まれる。内部から空き地(外部)に向かって設計を進めると、空き地に身を置く人間の感覚が重要に思えた。内部からの拠り所としての大きな軒下空間だけでなく、外部からの人間の拠り所にもなるような、双方向からの「あいだ」をつくることを試みた。「4つの矩形」には「4つの領域」が存在する。1つ目の中心にある矩形は最も安定した状態の空間である。2つ目はそれを囲む半地下の矩形で、風除室からの思考と継続性のある空間である。3つ目の大きな軒下空間の矩形、4つ目の空き地の矩形は、なにか機能を限定しない、どこか投げ出したような状態となるような中間領域を意識した。建築は外部(地球)の気まぐれな状態から、ある種の安定した状態を得るために生まれた存在である。風除室はある限られた状態に対する応答である。それを変化させたり肥大化させたりしながら様々な設計をしてきた。双方向からの「あいだ」はもっと自由で機能を限定しないことが重要である。大きく腕を広げたおおらかな軒下空間は、人間の多様な活動のキッカケとなり、おおらかな中間領域となる可能性に満ちている。中間領域は、環境への応答だけではなく、人間の歓びへの応答である。

Going In Style: Cute Creative Public Restrooms Of Okinawa

[ By Steve in Architecture & Public & Institutional. ]

We all want to be smiling when we go but if you’re “going” at one of Okinawa, Japan’s cute and creative public restrooms, grinning comes with the territory.

Flickr member Okinawa Soba (Rob) has a thing for public restrooms – not that there’s anything wrong with that – and he also has a camera. The combination is unexpectedly serendipitous, though the photographer deserves full credit for employing the latter with great discretion when exploring the former.

Deceptively industrial facade conceals bright contemporary home in Japan

This house in Japan's Tokushima prefecture appears as a nondescript industrial unit from the road, but inside architecture practice CAPD has hidden a bright, high-ceilinged family home. Read more